インプラント治療の可能性

インプラント治療とはインプラントと呼ばれる人工の歯根を顎の骨に埋め込んで義歯を固定する治療方法です。これはチタンが人間の骨に拒絶反応を起こすことなく結合するという特質によって生まれた方法です。人工歯根を埋め込むことによって入れ歯やブリッジとは比較にならないくらい安定した状態で義歯を使用することができます。
成功率も95%以上。外科手術が必要になりますが、手術の恐怖を取り除き、ウトウトした状態で治療を受けることができる静脈内鎮静法という麻酔方法もあるので安心です。

そんなインプラント治療において重要になってくるのが医療機関選び。最近では安易に導入した医療機関で治療を受けたことでトラブルが発生するケースも増えています。インプラントの手術は難易度の高いものですから、技術と実績を備えた医師が、十分に整えられた環境のもとで行うことが大前提となります。必要な設備としては個室の施術ルーム、術中の血圧や心電図を確認できるモニターなどが挙げられます。また殺菌・滅菌など衛生環境に対する心構えも求められます。
器材も重要なポイントです。安全性を保障してくれる日本歯科インプラント器材協議会のような団体もあり、日本メディカルマテリアル株式会社などが加盟しています。これらや医師の実績、医療機関の評判なども含めて選ぶことが求められるのです。
費用が高いのがインプラント治療の問題点とも言われます。相場としては1本30万円程度。最近では非常に安い費用で受けられる医療機関も増えていますが、安心して受けられるような環境かどうかチェックした上で判断する必要があります。金額だけにつられて選ぶとあとで後悔することにもなりかねないので注意が必要です。

しっかり噛むことができるようになり食事の楽しみを取り戻すことができた、人前で歯を気にせずに笑顔を見せられるようになったなど。うまく活用すれば歯を失う前の日常生活に戻ることも可能な治療方法なのです。